ピュアドライブとアエロどっちがいいの?10年使い続けた私が本気で比べてみた!

2/1より予約が始まったピュアドライブVSの人気が高まっています。


ピュアドライブVSに関する記事は下記リンクより、どうぞ!

・ピュアドライブVS スペック・インプレ動画情報

ピュアドライブ?ピュアアエロ?

明治のキノコの山、タケノコの里のごとく10数年比べられ続けてきた永遠のライバル。早い球打つならピュアドライブ。スピン掛けるならアエロ!と比較されることも多く、話題性・使用率ともに実績のあるモデルです。

しかしながら、この両モデルを比べた際に「どっちの方が優れているの??」と話題になったときには誰しもが黙る。なぜならどちらがいいかの結論を出せないからである。

そこで、各要素で優劣をつける比較を行い、ピュアドライブVSピュアアエロの戦いに終止符を打ちます。

ピュアドライブ2018ピュアアエロ2019のどっちを購入しようか迷っている方必見です!

 

トッププロの使用率はどっち??

まずは両モデルの気になるトッププロの使用率である。早速以下の写真を見て頂きたいと思う。

チームピュアドライブ 引用バボラHP

チームアエロ 引用バボラHP

チームアエロ 引用バボラHP

バボラの公式ホームページで確認したところ、なんとピュアドライブとピュアアエロの掲載プロ数では互角だったのである!

【チームピュアドライブ】

  • フォニーニ  ATP 13位
  • 杉田祐一  ATP 151位
  • ダニエル太郎 ATP 77位
  • 綿貫陽介 ATP 188位

【チームアエロ】

  • ナダル  ATP 2位
  • ツォンガ ATP 256位(ケガ)
  • ペール ATP 52位
  • クエリー ATP 51位

 

ちなみに女性陣営はこんな感じ。

引用バボラHP

チームピュアドライブ 引用バボラHP

チームアエロ 引用バボラHP

チームアエロ 引用バボラHP

女子プロはピュアドライブの方が多いようです。

ただ、掲載されていない有力な選手がちらほらいるので、数での厳密な比較は出来ません。ただランキング的に見ると、男子はアエロ優勢。女子は互角もしくはややピュアドライブ優勢なんじゃないかなと判断出来ます。

 

過去モデルの使用感の優劣

ピュアドライブは2000年頃から、アエロプロドライブは2004年頃から日本で人気になりました。

私が実際に使ったことのある過去モデルまで遡って比較していきます。

ピュアドラ2006 VS アエロプロドライブ2007

ピュアドライブ=ロディックのイメージの2006モデル。一方でアエロプロドライブ=ナダルが定着したのもこの頃。

テニス市場がバボラ色で染まっていた頃の両モデルは互角。ピュアドライブも今のモデルよりも柔らかくボールのノリ感がすごくよかったので今以上に人気がありました。アエロもまだフレックスが67前後でしなり、正直どっちを使ってもいい意味で差はなかったように思います。

【結果】引き分け!

 

ピュアドラ2009 VS アエロプロドライブ2010

ドラえもんカラーじゃね?とピュアドラユーザーをソワソワさせた【ピュアドライブ2009】。一方で【RPMブラスト】とほぼ同時リリースだった【アエロプロドライブ2010】。

使用感では過去最高と言われたのが【ピュアドライブ2009】。一方で、阪神カラーの【アエロプロドライブ2010】も使用感は堅実な評価を受けていました。

ピュアドライブは最高に使いやすく、アエロはやや硬くて飛びづらいなーと当時感じていました。この頃が最もピュアドラとアエロの性格が区別化されていた頃だと思います。

【結果】ピュアドライブ2009の勝ち!!

 

ピュアドラ2012 VS アエロプロドライブ2013

ロディック引退によりピュアドライブの目玉使用プロがいなくなり始めた時期になります。そのかわり女子選手の使用率が高くなり、先日引退したラドワンスカが【ピュアドラライト】を使って無双していた時期になります。私の一番のお気に入りが【ピュアドライブ2012】でした!

一方で【アエロプロドライブ2013】はアエロ史上過去最高評価の呼び声が高いです。無償支給されるトッププロも換えずに使い続ける選手が少なくありません。

どちらの人気も高く使いやすかったですが、私はピュアドライブを推します。

【結果】ピュアドライブ2012の勝ち!!

 

 

ピュアドラ2015 VS ピュアアエロ2016

デザインが一新されたとともに、FSIテクノロジ―という事でストリングパターンやコアテックス機能が完全にフルモデルチェンジ対象になったのがこの頃になります。私からすると「バボラ暗黒時代」の始まりです(笑)

バボラ特有のボールを噛むフィーリングが、雑味と判断され両モデルから既存ウーファーが消え去りました。また「ピュアドライブは飛ぶ、アエロは叩ける」が特徴だったのですが、これらの持ち味も同時に無くなったと考えています。

言い換えるとピュアドラとアエロの境界線がなくなったのがこの世代のため、モデル間をまたいだ移行が目立ちました。

私の使用感ではピュアドライブはとても使えたものではなく、アエロも使いづらくなりました。つまりどちらのモデルも合わなかったのです。強いて言うなら「ピュアアエロ」の方が使えたかなという印象です。

【結果】ピュアアエロ2016の勝ち!!

 

【結論】最新作はどっちがいいの?

個人的には正直、どちらも良かったのですが【ピュアアエロ2019】を選びます!

正直、前作から比べると、「どちらもかなり良くなった」と感じます。どちらもストリングパターンが見直され、【ピュアドライブ2018】【ピュアドライブ2012】に、【ピュアアエロ2019】【アエロプロドライブ2013】に使用感が近くなりました。

打球感の違いにより2012.2013モデルとは完全には別物という前提は変わりません。しかし、だいぶ使いやすさが良くなり、元より古くからのバボラユーザーには気に入られるんじゃないかなと思います。

特に【ピュアアエロ2019】に関して従来のバボラらしい弾き感を感じられました。

 

 

よって、バボラの新作2種類のどちらがいい?と聞かれた際には、

ピュアアエロ2019をお勧めします!

 

※各インプレ記事は下記リンクより参照ください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です