テニスガット材質別 テンション維持まとめ データベース記事

テニスガットの使用感において興味がある方が多く、その中でも性能持続においてよく話題に上がっています。

しかしながら使用感における基準が統一されていないが故に情報の正確性が乏しいなと感じています。

本記事ではテンション維持性能を中心に、TWから引用した全730種類のガットデータを元に考察・検討を行いました!

※ナチュラル18種,ナイロン271種,ポリ441種

全データはPDFにて記事下に添付してあります。

テンション維持性能が最も高いのはナチュラル?

全ガット テンション維持TOP30

第一位のガットはナチュラル

一般認識と同様に、最もテンション維持が良いのはナチュラルガットの1製品という事がわかります。

海外でもパシフィックのナチュラルガットの評価が非常に高く、2位のガットともテンション維持の観点で大きく数字を離しています。

国内での取り扱いがほとんどなく、Amazonでも売り切れの商品です。

一般的なナチュラルと外観が異なり、オレンジ色のラメ?が入っています。

引用元 https://blog.goo.ne.jp/malibusky/e/d05acd48c1d06c938a7fd27c515df2a5

意外にもナイロンガットの性能が高い

第1位にランクインこそ出来ませんでしたが、第2位にはナイロンガットが入っています。

1%の差なので、51ポンドで張った際には0.5ポンドの差があったことになります。

2位以降もナイロン製品が数多くランクインしている現状も踏まえると、テンション維持以外の性能も求める方は何でもかんでもナチュラルを選べば良いわけではないという事がわかります。

ランクインしたGanma OchoTNT17は国内での取り扱いがほとんどないレア商品です。200mロールで価格が88$とかなり安めではあります。

希望があれば取り寄せてロールカット等で販売も考えます。

引用元 https://www.ustaproshop.com/product/4654/gamma-ocho-tnt-17g-reel

ポリは総じてテンション維持が悪い

ポリの2位~4位で、ナチュラルの最下位・ナイロンの平均割れ並みのテンション維持性能という事がわかります。

もちろんポリの中でのテンション維持性能が高いというだけで、差別化が出来ます。しかしながらテンション維持性能が高いポリと言えどもガット全体から見たら全く良くありません。

スピン性能や耐久性等で他の材質よりもメリットが出せているプレイヤーでないとポリを使うメリットは極めて薄いことがわかります。

ポリを使う事についてよく考えよう!

別記事にて、ポリは現代テニスにはとても武器になる材質だというお話をしました。トッププロの使用率から見ても明らかに武器になっています。

逆に目に見てわかる程のメリットを出せない方は、ポリを使うことで只々性能が悪くなりやすいガットでテニスしている状態と言えます。

それでもポリを使いたいのであれば、ポリを活かすためにローテンションで使用するか、身体を作る必要性があります。

一度自分自身のラケットセッティングについて見直してみましょう!

テニスガット材質別 全データガットDB 2019

関連記事

・強くなりたければポリを使え!

・ポリのテンション維持性能ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です