【インプレ】プロハリケーンツアー バボラ

プロハリと言えば、世界的にも大ヒットを起こした名品。

しかしながら、良いストリングがたくさん出てきたこともあり徐々にシェアを奪われていきました。


しかしながら根強いファンのおかげでまだまだ現役です。プロの使用率も一定数ありますね。

プロハリケーンツアー インプレ詳細

反発性能★★★☆☆

飛びすぎず、飛ばなすぎずの癖のない反発性能。

流行りのポリと比べると打感は硬めな分、ガット特有のコシを使ってボールをしばくことが出来ます。

スイングスピードが速いと尚使いやすさを実感できます。ポリ界では優秀な反発性能です。

スピン性能★★★★☆

プロハリの代名詞はスピンの掛けやすさ。表面を滑らせスピンを掛ける(スナップバック効果)ストリングが増えて来ていますが、多角形ストリング代表のプロハリもスピン性能において全く負けていません。

RPMブラスト(インプレ詳細)と違い、遅いスイングでも引っ掛かり感を感じることが出来るので、オールラウンドなプレーに使えます。

ストリング自体が硬めなのもありボールを潰し易い分、収まりも良いです。

テンション維持★★★☆☆

特別緩みやすいと感じません。他のポリと同等以上のテンション維持性能です。

ストリングが硬めなので最初からテンションを落として張れます。テンションの張り上げポンド数を抑えることで落ち幅も軽減できます。

急激な打感の変化もなく、緩んでももっさりしないため終始安定した使い心地です。

プロハリケーンツアー インプレ まとめ

プロハリケーンツアーの評価
反発性能
(3.0)
スピン性能
(4.0)
テンション維持
(3.0)
打球感
(3.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(3.5)
  • バランスの良い多角形ポリ
  • スピンを掛けやすい仕様
  • やや硬めな打球感

スイートスポットを外した際に感じる硬質的な打感を避けるために、しなやかなポリを使う方も多いです。

しかしコシがないストリングは球がこぼれ易く・抜けやすいため、フォアがしばけない、スライスが面に乗らない等の悩みを抱えがちです。

手首や肘に不安がなければ、本来のポリらしい硬さを持ったプロハリをトライしてもいいでしょう。

価格的にも他のポリ以上にお買い求め易いのが好ポイントです。

関連記事

ゴーセンのハイブリッドストリング G-XX1とG-XX3の違いをまとめてみた RPMチームが凄い!RPM兄弟最強はまさかのチーム??