ベルダスコ使用ラケット詳細 プロストック情報

ナダルとの大激闘を演じた2009年の全豪ベスト4の実績を始め、ツアーでも7勝を挙げ世界7位になったこともある実力者。


ミスも多いがエースも多い爽快感のあるテニスが特徴のベルダスコ。世界一とも言われるフォアハンドを支えるラケットに迫ってみました。

ベルダスコのラケット情報

フレームスペック詳細

  • フェースサイズ:98inch2
  • フレーム重量:342g
  • バランス:317mm
  • SW:none date
  • フレックス:RA59
  • パターン:18/20

※グリップ+振動止全て込みの重量

ガットセッティング

  • 縦糸:Luxiron original 1.30
  • 横糸:Luxiron original 1.30

プロスペック詳細

引用元 tennisnerd

ペイントは最新のスピードプロ2018ですが、実際の使用機種はPT113Bです。HEADのリキッドメタル ラジカルツアーがベースでジョコビッチと同じモールドになります。

ジョコビッチよりもトップライト気味で、横糸も1本多い設計です。ベルダスコは過去テクニファイバー→バボラ→ヘッドとメーカー変更が多いというのも特徴で、一時はステンシルなしでツアーを回っていたこともあります。

またストリングについては、ここ長らくルキシロンのオリジナルをずっと使ってきました。しかし最近はアルパワーとナチュラルのハイブリッドに挑戦しているという情報もあります。

Verdasco was a long-time user of Tecnifibre racquets (previously called Major) but is currently using the same mold as Djokovic, a PT113B in a Head Graphene Touch Speed Pro paint job strung with Luxilon Alu Power and power pads. We will see how long his relationship with this racquet remains because not long ago he was using a Head Graphene Prestige Rev Pro (with, I’m sure, obscene amounts of lead tape to make it play more stable).(引用元:http://tennisnerd.net/gear/racquets/pro-player-racquets/fernando-verdascos-tennis-racquet/4319)

関連記事

アレキサンダー・ズべレフのラケットセッティング プロストック情報 ジョコビッチ使用ラケット詳細 プロストック情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です