ナダルの使用ラケット プロストック情報

2019全豪では決勝まで1セットも落とさず勝ち上がったナダル。


ケガの影響もあり粘って勝つスタイルから、打ち抜くポイントを増やすスタイルに進化中。そんなナダルを支えるラケットに迫ってみました。

ナダル ラケット情報

フレームスペック詳細

  • フェースサイズ:100inch2
  • フレーム重量:340g
  • バランス:335mm
  • SW:360?
  • フレックス:RA68
  • パターン:16/19

※ガット・グリップ全て込みの重量

ガットセッティング

  • 縦糸:Babolat RPM Blast 135 @55ポンド
  • 横糸:Babolat RPM Blast 135 @55ポンド

プロスペック詳細

引用元 Prostocktennis

ナダルのピュアアエロ2019のペイントを利用した、アエロプロドライブ2004モデルを使っている事が有名です。

新作もコアテックス内蔵になったため外見で見分けるのは難しくなってしまいましたが、代々コアテックス部はペイントのアエロを使ってきました。

またナダルと言えばRPMブラストを使っているというイメージがあります。もちろん気に入って使っていますが、実はルキシロンのオリジナルを使いたいと漏らしていた時期もあるそうです。

バボラはラケットメーカーでありながら、ストリングメーカーでもあるので広告の関係上ルキシロンのガットはNGとなってしまったそうです。

ちなみにピュアアエロ2004のトップに12g、グリップ内部に5g重量を足しています。

– Babolat aeropro drive 2005 (4 1/4) painted in Pure Aero Play
-17g lead: 12g at 12 and 5g in handle
– Babolat Syntec Pro Black + Babolat Vs Original White
– Babolat Custom Damp
– Balance Strung: around 335 mm
– String: Babolat RPM blast 1.35
– Racquet weight strung : 340 grams (including dampener and overgrip).

引用元:http://tennisnerd.net/gear/racquets/pro-player-racquets/rafael-nadals-tennis-racquet/2966

関連記事

フェデラー使用ラケット プロストック情報 ジョコビッチ使用ラケット詳細 プロストック情報

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です