ロールカットを売ってくれる店舗が減った件について

新製品を知るためにも、普段使いをするためにもコスパは非常に重要です。

特にガットのような消耗品はロールカットのようなコスパの良い仕組みがあれば気軽に様々な商品を試すことが出来ます。

しかしながら有名店舗で続々ロールカット品の扱いが減り始めました。


私のようにロールカットで試して良かったら、ロール購入に踏み切るという方も少なくないはず。

本記事ではロールカット終了の原因と、今後の展望・対策についてまとめてみました。

ロールカット廃止店舗増の理由

準備がとても手間

私も以前フリマサイトへの出品で12mロールカット品を何度か用意したことがあります。

しかしながら地味にこの作業が大変。ロールから綺麗にガットを取り出し、12m分測ります。その後ガットをカットし癖がつかないようにまとめます。

計測がまず手間ですし、まとめるのにも時間がかかります。

店舗側としてもロールカットの注文が増えると専属の対応者を準備する必要があるのでしょう。

ロールカット品は儲からない

上記既述のように、ロールカット品専属対応者を用意するだけで人件費がかかります。

またロールカット品自体の単価が安いため、1.2個売れただけじゃ売り上げに繋がりにくいというのも事実でしょう。

またロールカット品で手配しても、その後のロールガットの価格競争でで他小売店にユーザーが取られているという事態も考えられます。

そうなると商売としては成り立たなくなるのでしょう。

競合店舗が増えた

数年前にロールカット品を扱っていた店舗はアミュゼさんを筆頭にせいぜい2~3店舗くらいでした。

しかしながら先月位では10店舗近くロールカットを扱っていたと認識しています。

そうなると価格競争でお互いに首を絞め合うだけになってしまうため、撤退を考えた店舗が続出したのでしょう。

ロールカット品の入手方法

残った取り扱い店舗を利用

今後も最もメジャーな方法になるだろう、既存店舗の利用という方法。

残っているのは下記2店舗になります。

現時点での品揃えはロールカット品に関してはテニスデポの方が良いです。

当サイトの3月度インプレ用のガットはテニスデポに発注しました!

メルカリを使う

最もガットを安く手に入れる方法としてはメルカリを使うと良いでしょう。

良くも悪くも素人出品となるため、明らかな値崩れ品が存在します。

あくまで出品されない限りは購入することが出来ませんが、アルパワーやブラスト等の人気のモデルならまずメルカリで探せます。

ロールをシェアする

友人や部内・サークル内はもちろんですが仲の良いSNSコミュニティの中で折半しシェアするという動きも考えられます。

200mロールは16~17張り分なので、16人集めればちょうどきれいに分け合うことが出来ます。

新製品が出た際に、ロールカットで個々が買うよりも、ロールで買ってシェアした方が遥かに安上がりになります。

当サイトのあり方・今後

もしロールカット品の扱いがどの店舗でもなくなるとなった際には、私を含めて痛手と感じる方は多いでしょう。

その際には無料会員ページでも作成し、ラケットラボ内のコミュニティでシェアするという動きをとってもいいのかもしれません。

新製品が出たらごそっと仕入れて、最低価格を有償にて希望者に配布という感じでしょうか?

こういったアイディアが実現できるような安全かつ居心地のいいサイト作りも当面の目標です。

関連記事

普段使い便利 テニスバック 【コラム】普段使いにも便利なテニスバック 7選  出費を楽天カードにまとめてラケット代に変えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です