【ルキシロン】4G125をインプレ!硬めの材質×湿った打感×高テンション維持性能

「新時代を築く第4世代のポリエステル」ルキシロンが満を持してリリースした4G!

錦織選手が4G発売直前の全米オープンで準優勝したことも相まって世界的にヒット。

硬いという口コミより、現在は一時ほどの勢力はありませんがそれでもプロアマ問わず多くの選手が使っています。

4G ルキシロン インプレ

反発性能★★★☆☆

反発性能はポリの平均水準並。打感は軽く当てると硬めでしっかり打ちに行くとマイルドに感じます。

他のポリと同じくらいのテンションでと、48Pで張ったらカンカンして全くボールを掴みませんでした。

ガットを踏んでテンションを落として使用したら急に使いやすくなったため、その経験を活かし再度45Pで張るとかなりの高フィーリングになりました。

ガットが硬く張り上がり易いため、硬いというレビューが増えたのではないでしょうか。

スピン性能★★★☆☆

マイルドながらもガシッとボールに噛みつく打球感で、スピンは掛けやすかったです。

癖のない飛び感も作用し、スピンでのボールの距離感の調節もしやすく、コントロール性能は抜群に良いと思います。

プロハリケーンツアーより湿った打球感、打球角度は抑え気味です。

テンション維持★★★★☆

張りたての4Gのフィーリングはすごく良く、ストレスを一切感じずテニス出来ました。

その後微妙に硬質感を感じるようになるあたりから、伸びが安定して快適に使える時間が続きました。

張りたてのベストのフィーリングの持続時間は他のポリと同じくらい。その後の快適な期間が他のストリングより遥かに長いという事だと思います。

4G ルキシロン まとめ

4Gの評価
反発性能
(3.0)
スピン性能
(4.0)
テンション維持
(5.0)
打球感
(2.0)
コスパ
(1.5)
総合評価
(4.5)
  • 硬めに張りあがりやすい
  • ゴールデンタイムは他と同等
  • おいしい期間は長い

4Gは実践的なストリングで、基本性能が極めて高いです。練習~試合まで打球感の変化を少なく出来るのが大きな強みです。

そういう意味ではこのストリングのテンション維持性能は他製品を寄せ付けません。

ただ試合の直前に張り替える際にはテンションをいつもより5%程度は落とさないと、硬く感じて調子を落とす原因になるでしょう。

ガンガンスイングの出来るプレイヤーにこそ使いこなせるストリングになります。

関連記事

【ルキシロン】オリジナル130をインプレ!ストロークが武器のトッププロ御用達のベストセラーストリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です