【ダンロップ】REVO CV3.0 2018をインプレ!前作よりもしなり戻りが強くなってる!?

発売から1年近く経った大人気REVO3.0シリーズ!


ただ前作に比べて、今作の使用者は少ない気が…

かなり大きなモデルチェンジだったからか、使用感が大きく変わってしまったそうです。

本記事はそんなREVO CV3.0の使用感についてまとめてみました。

REVO CV3.0 2018 スペック

  • フェイス:100inch2
  • 基本重量:300g
  • バランス:320mm
  • SW:318 (ガット込み)
  • フレーム厚:23-26-23mm
  • フレックス:RA68
  • パターン:16/19
  • 発売時期 2018年3月

REVO CV3.0 インプレ

打球感:ガッシリ系

他の中厚ラケットにない、しなり感・粘り感が特徴的。

歴代のREVO 3.0シリーズと比べると明らかにしなり感が強くなっています。

シャフト越しに捉える感覚が強く、バ~ンという低音からヌルっと飛ぶ打感が印象的でした。

弾き感:控えめ

しなりを感じる分、飛びはやや控えめ。

中厚ラケットを好んで使ってきた方からすると、おや?って感じになるかもしれません。

1.25mm以下の弾き感の強いガットと合わせるとパワーを補えます。

引掛かり感:平均的

スピン系ラケットと打ち出されている割に、ジョリっと引っ掛かる感覚はありません。

しかしボールの落ちという点で目を見張るものがありました。

ボールをしっかり打ち出せると、サービスラインを超えたあたりからグンと球が沈むように落ちます。

球威のあるボールを楽に打てるわけではありませんが、沈むスピンを武器にする方にはアドバンテージになりそうです。

類似・競合モデルと比較

類似モデル:ピュアアエロ2019

ゴツめのシャフトのしっかり感と、シャフト部で粘る感じはピュアアエロに似ています。

ピュアアエロの方があっさりした打感なので、楽に飛ばせると感じる方が多そうです。

CV3.0よりも攻撃的にテニスをしたい方は迷わずアエロをお勧めします!

【バボラ】ピュアアエロ2019をインプレ!前作よりもガシガシ打てるハイスピンラケット!?

類似モデル:T-Fight 300

REVO CV3.0よりもわかりやすいしなり感で、ボールも直線的に飛びます。

フラットドライブ気味のボールを武器にラリーしたい方が気に入ると思います。

鈍角的なヌルっとした打感が気に入っている方はT-Fight 300も候補。

【インプレ】ピュアドライブVSに激似!?T-FIGHT300 DC

類似モデル:BX300 2019

上記のT-Fight300よりもラウンド形状に近い飛び感を持つBX300。

がっしりした剛性感はREVO CV3.0とそっくりです。

REVO CV3.0よりも更に引っ掛かり感を抑えた打感が好きならばBX300がおすすめ!

【ブリヂストン】BX300をインプレ!飛ぶ感触の強いボックス型コントロールモデル!!

REVO CV3.0 2018 評価

ブロック気味の返球や、ラケットに飛びを任せて回転で入れるという使い方をするには他のラケットの方が合いそうです。

REVO CV3.0はしっかり振って、ボールを深く入れたい。けど薄ラケよりも軌道を上げて相手を奥に押し込みたい!というテニスを目指す方にフィットします。

ミスの少ないタフなテニス、取りこぼしを少なく勝ち上がるテニスを信条にする堅実的な方にお勧め!

関連記事

【2019年】テニスラケット 黄金スペック おすすめ11選を比較してみた! 【ダンロップ】テニスラケットの選び方とポイント!初級者から競技者まで外せないポイントを徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です