【DUNLOP】REVO CV3.0Fをインプレ!スリクソンブランドの意地!決定打のあるパワーボール??

REVO CV3.0の亜種として登場したCV3.0Fモデル。

CV3.0にある凹みを無くし、しなりを無くし弾きを重視した設計。

本シリーズは3.0よりも3.0Fの方が使用者が多い印象。コア層に人気なモデルです。

REVO CV3.0F スペック

  • 基本重量:300g
  • フェイス:100inch²
  • バランス:320mm
  • フレーム厚:23-26-23mm
  • SW:317 (ガット込み)
  • フレックス:RA69
  • パターン:16/19
  • 発売時期 2018年

REVO CV3.0F 2018 インプレ

打球感:カッチリ系

個人的に一番好きなカッチリした打球感。一瞬ホールドする感覚が柔らかく感じられます。

懐かしい打球感だな~と、過去の一番好きだった頃のピュアドライブと使用感が重なりました。

過去のバボラの打感が好きな方は現行バボラよりも、3.0Fを気に入ると思います。

弾き感:強め

ヒット後、ドキュンと飛んでく強めの弾き感。球が潰れてくれるからかベースライン付近で、クッとボールが落ちてくれます。

短めながらボールを掴む感触も感じられるので、勝手に弾いてしまう身勝手さもありません。

現行スリクソンのラケットの中で最も好きなラケットです。

引掛かり感:普通

球離れが早いのでスピンが掛からないと思いきや、スピンが掛かる安心感があります。

ヘビースピンを掛けるラケットではありませんが、スピンを掛けに言っても抜けてミスになりづらいです。

個人的にはCV3.0よりも3.0Fの方がスピンが掛けやすかった印象です。

類似・競合モデルとの比較

類似モデル:REVO CV3.0 2018

3.0Fよりもガッシリした打ち応えと、ヌルっと抜ける打球感が特徴のCV3.0。

CV3.0の方が喰いつき感が強い分ボールが出て行きづらいので、一般的にはよりスピンを掛けやすいと感じられます。

ディフェンス主体のラリー展開を好む方、相手に攻め込ませないような攻撃的な打ちジコりをする方に好まれるフレームです。

【ダンロップ】REVO CV3.0 2018をインプレ!前作よりもしなり戻りが強くなってる!?

類似モデル:ラジカルMP 2019

CV3.0F同様カッチリした打球感が持ち味のラジカルMP2019。

前作よりもノリ感、スピン性能が明らかに良くなっているので収まりが良くなっています。

CV3.0Fに似た打感で、よりスピンを掛けたい方はラジカルMPが最適です。

【ヘッド】ラジカルMP 2019をインプレ!前作よりもノリ感アップでスピン増し増し!!

類似モデル:ピュアドライブ2018

カッチリしたフレームながら、手ごたえがよりマイルドな打感のピュアドライブ2018。

パワーアシストもピュアドライブの方が強く、中級者以上はスピンコントロールの技術が求められます。

細いゲージを使ってスピンを掛けるか、太いゲージを使ってホールド感・収まり感を向上させるかは好みの方を選びましょう。

ピュアドライブ2018をインプレ!! パワー系スピンで相手を押し込む!?

REVO CV3.0F 2018 レビュー


強めの弾き感と、バウンド後まで続くボールの伸びはアグレッシブにテニスをするプレイヤーの武器になります。

フレーム自体のまとまり感が良いので、材質・ゲージ選択は自分のお気に入りのガットで問題ないです。

ストローク力を付けたいジュニア選手から、ラリーでの決定打が欲しい一般プレイヤーのニーズに応えられる良いラケットです。

関連記事

【2019年】テニスラケット 黄金スペック おすすめ11選を比較してみた! 【ダンロップ】テニスラケットの選び方とポイント!初級者から競技者まで外せないポイントを徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です