【バボラ】ピュアアエロ2019をインプレ!前作よりもガシガシ打てるハイスピンラケット!?

今作はも大がかりなモデルチェンジとなったピュアアエロ2019

前作から以前のバボラでは考えられなかったくらいの変更点が増え、バボラらしからぬ大々的なモデルチェンジが続いています

ピュアドラよりもアエロユーザーの方が今のバボラ内では多いんじゃないかなぁと思います!

ピュアアエロ 先取りレビュー

  • マイルドでクリアな打感
  • ガシって感じではないがボールを擦れる
  • 攻守のメリハリをつけやすいラケット

個人的には2016モデルよりも好印象だったピュアアエロ2019!

前作よりも若干収まりが良くなっていますがパワーアシストが強いので、男性にはポリの125や130以上のゲージを推奨します!

ピュアアエロ2019 スペック

  • 基本重量:300g
  • バランス:320mm
  • フレーム厚:23mm-26mm
  • SW:324 (ガット込)
  • フレックス:RA67
  • パターン 16/19
  • 発売時期 2018年10月

ピュアアエロ2019 インプレ

打球感:マイルド系

雑味のないクリーンな打球感

ガツっとした手応えは少なく、スルッとボールが抜けていくような感覚

ハードにボールにぶち当てると、シャフトのしなりとボールの潰れが重なってバシュ!っとした打感にシフト

反発性能:強め

前作より弾き感が強調され球離れが早めに寄った印象

球離れは早くなったけれど飛びはやや控えめになったのでピュアアエロ2019より強めに振っていける印象

個人的には前作が飛びすぎると感じたので、ちょうどいいかなと思いました

スピン性能:やや強め

前作より確実に回転を掛けられます

軌道の上げ下げがし易くなったのと、最後の一落ちが非常に良く相手を押し込むボールが良かったです

ストリングパターンが前作より粗く、過去のアエロプロドライブに近づいていることもあり、ボールのノリ感・ホールド性向上が感じられると思います

安定してスピンを掛けるというよりも、強めにかけていくことを意識すると良いでしょう

類似・競合モデルとの比較

類似モデル:ピュアドライブ2018

ピュアドライブ2018との大きな違いはフレームの撓みです。ピュアドライブは、ぐっとへこんでホールド感を感じます。

一方のアエロは撓むというより、フェイスに乗るという感じであっさりした打感に感じます。

フラットドライブ気味に打球して、がんがんポイントを取りたい方はピュアドライブがおすすめ。

ピュアドライブ2018をインプレ!! パワー系スピンで相手を押し込む!?

類似モデル:REVO CV3.0

ごついシャフト部が特徴のREVO CV3.0。ピュアアエロよりもしなる感じが強く、喰いつき感を感じます。

球の出はピュアアエロの方が良く攻撃的なボールを打てますが、ボールをコントロールしている感覚が強いのはREVO CV3.0です。

喰いつくモデルが好きでディフェンス主体のテニスをされる方はCV3.0位の球持ち感があると安心感を感じられるでしょう。

【ダンロップ】REVO CV3.0 2018をインプレ!前作よりもしなり戻りが強くなってる!?

類似モデル:スピードMP 2018

ボックス気味フラットビームのスピン系ラケットのスピードMP2018。

パワーアシスト自体が控えめな分、スピードMPの方がストレスなく振り切れます。

フラットドライブ系のボールを軸に、粗目のストリングパターンを活かしてボールの入りを上げたい方はスピードMPをどうぞ。

【ヘッド】スピードMP2018をインプレ! グラフィン360配合でマットな打感と反発性向上!?

ピュアアエロ 2019 まとめ

アエロというと守備的なボールを打ちやすいイメージがありますが、今作は攻撃的なプレイヤーにも合いそう!

飛びが控えめになったぶん、厚い当たりでスピンをねじ込む感覚で打つといいボールが収まりました

国内正規品に拘らなければ17,000円台で購入できますのでお買い求めは下記店舗のように店舗保証がついたお店を選びましょう!

関連記事

【厳選】インプレ100記事超が選んだ好きな打球感ベスト10!ぺんてぃラケットランキング! 【バボラ】テニスラケットの選び方とポイント!初級者から競技者まで外せないポイントを徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です