【ウイルソン】プロスタッフ97L CV2018をインプレ!パワーと打感を良いとこ取り!?

クラッシュに引き続き、新作ブレードV7.0で人気を爆発させているウイルソン

Twitterにおける2019年7月末段階の新製品人気度は以下の通り

8月以降は薄ラケの主力機種が続々発売されるので、薄ラケの王様ともいえるプロスタッフを打っておこうと思い使ってみました!

新作のブレードについて気になる方は下記記事をどうぞ

【ウィルソン】新作ブレード2019!BLADERの覚醒は8/23リリース!!

【要約】PROSTAFF 97LCV 2018

  • 弾き感強めの薄ラケ
  • 薄ラケの良さにパンチ力を追加
  • 今後の主流スペック?

ぺんてぃ

プロスタッフの打感とパワーが共存

パワーアシストがかなり強く、楽が出来るラケットです

中厚系が好きな自分も結構好み!?

スペック:プロスタッフ97LCV

機種 重量 フェイス バランス フレーム厚 パターン フレックス SW(ガット込)
PROSTAFF97LCV 2018 290g 97inch² 325mm 23mm- 16/19 RA70 315

ぺんてぃ

薄ラケなのに硬めのフレーム設計!

性能別:感想・レビュー

打球感:ガッシリ系

プロスタッフらしいマットな打感に、少しカンカンした打感が加わったガッシリ系の打感

ラケットにボールを喰いつかせるとすごく気持ちよく、振れば振るほどホールド感を味わえます

スライスのフィーリングも結構好みでした!

反発性能:やや強め

同じプロスタッフシリーズとは思えない反発性能で、中厚ラケット?と思うくらいボールを飛ばすことが出来ます

ただ薄ラケ特有の球持ち感、コントロールの感覚も感じられるので中厚ラケットよりも押していける安心感があるのも事実

パワーは欲しいし弾き感も欲しいけど、すぐに弾いちゃうラケットは嫌って方に合いそう

スピン性能:やや高め

ラケットパワーも活かして、ぐりぐり掛けられるスピン性能が魅力

勝手に掛かる感じというよりも、掛けたい時に必要なだけ掛けられる感覚でストレスなく使えるといった表現が適切だと思いました

スピン系、スライス系どちらも良い感じにくれます

類似・競合モデルとの比較

PROSTAFF97CV 2018

【ウイルソン】プロスタッフ97CVをインプレ!人気筆頭薄ラケの実力は?

重さが欲しいというよりも、97Lより飛んで欲しくない方に選んで欲しい97CV

97LCVだと軽すぎじゃない?と思われるかもしれませんが、重量面での不安は特にないのでパワーアシストの差だけで選んでもらって大丈夫です

コントロール性能を求めたい方には97CVをどうぞ!

ブレード98CV 1619 V6.0

【ウィルソン】ブレード98CV 16×19をインプレ! トップ重めの競技系薄ラケット!

プロスタもブレードも薄ラケという括りで似ているように思いますが、カタログスペック以上の差があると感じました

ブレードのほうが淡白な打感で、ボールも簡単に飛ばしやすい印象

プロスタッフの方がストレスなく振り切れますが、ブレードの方が相手を押し込むボールが打てたように思います

CX200LS 2018

【ダンロップ】CX200をインプレ!ガッシリ掴んで程よくしなるカッチリ系薄ラケット!!

プロスタッフ97LCVの競合モデルはCX200LS!

CX200LSの方が球離れが早く、撓み感しなり感も抑えめなのでより中厚的に使いたい・楽をしたい方が対象

CX200LSを使われる方は打感の硬さを和らげるために、ナイロンかパスパスした打感のポリを張るのがおすすめ!

【インプレ】PROSTAFF 97LCV

フェイスでボールをガッシリ掴む打感がありながら、前方向にもボールを飛ばしていけるパワーを持ったプロスタッフ97LCV!

もし飛びすぎるな~と思っても目が粗いので、ゲージを太くすることでの調整もし易いのが嬉しいポイント

プロスタッフ97CVの購入を考えている方は、出来れば97LCVを1度試打した上での購入をお勧めします

 関連記事

【新製品予測】2019年!モデルチェンジするのはこのテニスラケット!? 【ウィルソン】メーカー別テニスラケットの選び方とポイント!初級者から競技者まで外せないポイントを徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です