【ウイルソン】プロスタッフRF97 2018をインプレ!340gを感じさせない振り抜き性能!

クラッシュに引き続き、新作ブレードV7.0で人気を爆発させているウイルソン

Twitterにおける2019年7月末段階の新製品人気度は以下の通り

8月以降は薄ラケの主力機種が続々発売されるので、薄ラケの王様ともいえるプロスタッフを打っておこうと思い使ってみました!

新作のブレードについて気になる方は下記記事をどうぞ

【ウィルソン】ブレード2019新作情報!V7.0のインプレ・レビュー!

【要約】PROSTAFF97 RF

  • 340gを感じない振り抜きの良さ
  • パワーアシストは意外と強め
  • 使用ハードルも高くない!

ぺんてぃ

心配していた重量感は全く問題なし!

飛び・回転の感覚がマッチしていて使いやすかった!

フェデラー愛好家以外にもチャンスのあるフレーム

スペック:プロスタッフ97RF

機種 重量 フェイス バランス フレーム厚 パターン フレックス SW(ガット込)
PROSTAFF97RF  2018 340g 97inch² 305mm 21.5mm- 16/19 RA68 335

性能別:感想・レビュー

打球感:ガッシリ系

プロスタッフ97CVよりも気持ち硬め?のがっしりした打感が特徴

重さが効いていて、ボールにパンチ力が伝わっている感じが強く鋭く球が飛んでいきます

この打感が苦手な打感はほとんどいない?というくらい潰れすぎず弾きすぎずの適切なフィーリング

反発性能:標準

重さがあるからか、意外にもラケットパワーがある印象

球離れもそれなりに良いので、弾きの良いガットにしなくても気持ちの良い弾き感があります

重いけどパワーのある薄ラケってこんな感じ!っていう感覚を味わいたい方向け

スピン性能:標準

スペック以上に掛かってくれるスピン性能に正直びっくり

そこそこ擦ってもボールを深くに飛ばせるので、常に厚い当たりを意識しなくても攻め込まれづらい球を送れるのが印象的でした

とはいえ使いこなすには、フレッシュな身体と中級以上の技術力は必要です

類似・競合モデルとの比較

PROSTAFF97CV 2018

【ウイルソン】プロスタッフ 2018 97CVをインプレ!人気筆頭薄ラケの実力は?

RFモデルよりも楽をしたいから、という選び方だと失敗されるかもしれません

というの97CVはRFよりもボールの飛びが控えめで、スイングでボールを飛ばす必要があります

重さのハードルさえ超えられればRFの方が簡単にボールを飛ばせると感じられるでしょう

ブレード98CV 1619 V6.0

【ウィルソン】ブレード98CV 16×19をインプレ! トップ重めの競技系薄ラケット!

プロスタもブレードも薄ラケという括りで似ているように思いますが、カタログスペック以上の差があると感じました

ブレードのほうが淡白な打感で、ボールも簡単に飛ばしやすい印象

プロスタッフの方がストレスなく振り切れますが、ブレードの方が相手を押し込むボールが打てたように思います

CX200 2018

【ダンロップ】CX200をインプレ!ガッシリ掴んで程よくしなるカッチリ系薄ラケット!!

基本性能がプロスタとよく似ていたCX200

CX200の方がガツっとした打球感で、飛びも控えめ

97CVよりも飛ばないラケットが欲しい方へ!

【インプレ】PROSTAFF 97RF 2018

プロスタッフ97CVで既にプロスタには良い印象を持っていましたが、RFは更にニーズがはっきりしたラケットだったと思います

球威のあるボールに負けない重量感を求めつつ、自分からハードヒットした時にもしっかり飛んで欲しいラケットを求める方に合いそうです

フェデラーが好きという理由以上にも競技系ラケットとしての価値も十分あると感じられました!

 関連記事

【新製品予測】2019年!モデルチェンジするのはこのテニスラケット!? 【ウィルソン】メーカー別テニスラケットの選び方とポイント!初級者から競技者まで外せないポイントを徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です