ダブルスを楽しめない方に!楽しむためのダブルスのポイントとは?

ダブルスがどうも苦手って方いませんか??

僕もジュニア時代では、ショットの質を上げること以外にダブルスで何をやったらいいかわからなかったことを覚えています

しかしながら今はもっぱらダブルスの方が好きです

本記事ではダブルスの良さ・楽しみ方をベースに、どのようにダブルスに取り組んだらいいのかについてまとめてみました!

【要約】ダブルスの楽しみ方

  • 奥深いポイント展開を楽しむ!
  • ミスを気にせず楽しむ!
  • ショットの質より駆け引きを楽しむ!

ぺんてぃ

シングルとダブルスは別物の競技

シコい試合を延々とする必要もなく、スピード感が魅力!

ショットの質意外でもポイントに絡めるのが面白いところ

奥深いポイント展開を楽しむ

出典:photo AC

戦略で攻める

シングルスよりも戦力や流れの重要性が目に見えるダブルス

気合で走り回ってボールを返すという気持ちプレーも、適切な戦略を用いれば比較的楽に完封出来るのもダブルスの魅力

シングルよりも自分達でポイント展開し、支配する面白さがダブルスにはあります

知的に使うパワーショット!

バカ打ちは一般的にポイント効率が悪いですが、ダブルスでは頼みのショットになります

自分たちのポイントパターンを増やすのはもちろん、相手が積み重ねてきたラリー展開やアプローチを一撃で壊すことが出来る重要なショット

エースを狙う、自分のポジションを押し返すにとどまらないパワーショットの使い方もダブルスならではの醍醐味

ただ返すボレーが最強に??

当たり前ですがダブルスは1面を2人で守る競技なので、1人あたりのカバーリングが減ります

そのため際どいコースに打ってもミスの確立を上げるよりも、正面に来たボレーをブロックして相手を詰まらせる事を徹底することが出来ればかなり強いです

シングルで価値を見出しづらいアップでのボレスト練習も、ダブルスでは非常に実用的な練習になります

ミスを気にせず楽しむ

出典:photo AC

シングルスとダブルスのミスの違い

ネット、アウトによる失点はもちろんミス

更にダブルスはシングルスより、通す軌道やコースが有効でなければ即相手にポイントを挙げてしまう事も多いため必然的に”ミスショット”が増える競技と言えます

シングルで多用される時間を作るショットも、攻略されやすく相手に失点に繋がりやすいという観点ではミスとほぼ同義でしょう

ミスによる直接失点だけが”ミスショット”ではありません

ダブルスは難しい!

相手に決められてしまうようなミスショットを入れ続けても、それはミスによる失点と同じ価値

つまり技術的にもダブルスは決して簡単ではありません(笑)

だからボールを入れに行って叩かれるぐらいなら、開き直ってショットの質を高めた方がポイントの取得率を上げられます

ポイントをまとめられればミスってもOK

ダブルスはペアを立たせることが出来るので、全て自分でボールを捌く必要はありません

だからこそ自分がミスった時にはペアに助けてもらえばいいし、その逆も然り

相手にミスらせる展開だけでなく、ペアに決めてもらう組み立て・自分に決めさせてくれる展開を作れるかどうかが大きなカギ

ショットより駆け引きを楽しもう

出典:RACKET LABO

リスクを取って確率で攻める

ミスによる直接失点だけでなく、相手に決められやすいショットもミス!

だからこそカウント状況や対戦相手によっては攻撃的に打たなければならないのはもちろん、同じ守備的なロブでも際どい所を狙わなければなりません

リスクを恐れるのではなく、リスクをマネージメントすることで逆境も押し返すことが出来る可能性を上げられます

強いペアはリスクを取るのが上手

ダブルスにおける勝負強さとは、如何にリスクを取れるかの一言に限ります

そのショットを打てるかどうかは技術力ももちろんですが、ここで打たなきゃいけないんだろうなと嗅覚を磨くのも大事

大会を勝ち上がる実力者はショットの質以上にここの駆け引きが上手です

駆け引きを楽しむ必要性!

ダブルスにおける駆け引きにもいくつかあります

  • ショットコースの駆け引き
  • 緩急を使った駆け引き
  • 戦法の駆け引き

ショットの質だけでなく、ポーチで行くのかポジションで獲りに行くのか等、非常に複雑な駆け引きがあります

自分の強みの確認はもちろん、ペアの使い方・連動性はやってみなければわかりません

だからこそ何が使えて、何が身につけられそうか楽しみながらダブルスに取り組んでいく必要性があるでしょう

ダブルスで快適なテニスハックを!

結局のところダブルスって難しいんです(笑)

だからこそ自分達より強いペアに勝つこともしばしばあれば、まさかと思うペアに負けることもあるのです

出来ないことに目を向けるよりも、出来ること・出来そうなことに目を向けてテニスに取り組む姿勢がダブルスを楽しむポイントです

関連記事

アラフォーテニスプレイヤー必見!ジュニアに負けない試合運びとは? 年間60本買うぺんてぃの運用術!テニスラケットのお得な買い方とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です